MENU
キービジュアル模様
キービジュアル

数字で見る大和会など看護部紹介

看護理念“その人らしさ”を支える看護

大和会 看護局長 橋本光江
大和会 看護局長 橋本光江

局長あいさつ

看護局長の橋本光江です。
大和会は子どもから高齢者までの健康と福祉を守る「村山大和総合医療福祉センター構想」を目指し、東大和市、武蔵村山市で保健・医療・福祉を提供する社会医療法人です。都内有数の救急搬送を誇る急性期病院、東大和病院と小児科・産婦人科と一般病棟、回復期リハビリ病棟、医療療養病棟からなるケアミックス型の武蔵村山病院を中心とし、東大和病院附属セントラルクリニック、介護老人保健施設東大和ケアセンター、地域包括ケアシステムの中核をなす在宅サポートセンター等13事業所1765人の職員から構成されています。
急性期を学びたい新卒看護師さん、家庭との両立を図りたいベテラン看護師さん、今までの経験を老健や在宅で活かしたいと考える看護師さんなどキャリアも働き方もそれぞれ。新人ならびに経験をお持ちの看護師さんにとってライフスタイルや働き方にあわせた経験ができるとても良い環境です。
あなたに合った働き方を大和会で一緒に見つけませんか。

私たちの魅力

数字で見る大和会看護部

  • 職員数

  • 働く世代

  • 平均勤続年数

    104ヶ月

    長く働いている方が多いです。

(2019年度)

  • 時間外労働時間の平均

    • 9.2時間/月

      (2018年度)

    • 8.8時間/月

      (2019年度)

    時間外労働時間の平均アイコン
  • 有給休暇取得率

    • 75.6%

      (2018年度)

    • 80.7%

      (2019年度)

    有給休暇取得率アイコン
  • 育児休業取得率

    • 102.0%

      (2018年度)

    • 94.4%

      (2019年度)

  • 離職率

    • 10.1%

      (2018年度)

    • 8.7%

      (2019年度)

    離職率アイコン

主な出身大学・看護学校

全国からたくさんの看護師が大和会に入職し、現在500名以上が在職しています。

・都立北多摩看護専門学校
・都立青梅看護専門学校
・杏林看護専門学校
・入間平成学園 入間看護専門学校
・東京高尾看護専門学校
・帝京高等看護学院
・所沢市医師会立所沢看護専門学校
・八王子市立看護専門学校
・飯能看護専門学校
・浦和学院専門学校
・横浜実践看護専門学校
・北里大学 保健衛生専門学校

・首都医校 看護保健学科
・東京医療保健大学 ・日本医療科学大学
・兵庫大学 健康科学部
・宮城県延岡看護専門学校
・札幌市立大学
・日本保健医療大学
・西武文理大学 看護学部
・健康科学大学 看護学部
・専門学校 日本医科学大学校
・早稲田速記医療福祉専門学校
・埼玉医療福祉社会看護専門学校
など

認定看護師・特定行為研修終了者

認定看護師人数
認定看護管理者 2名
皮膚・排泄ケア認定看護師 1名
重症集中ケア認定看護師 1名
緩和ケア認定看護師 3名
がん化学療法看護認定看護師 2名
訪問看護認定看護師 1名
感染管理認定看護師 3名
認定看護師人数
糖尿病看護認定看護師 1名
小児救急看護認定看護師 1名
認知症看護認定看護師 3名
脳卒中リハビリテーション看護 認定看護 3名
慢性呼吸器疾患看護認定 看護師 1名
慢性心不全看護認定看護師 1名
大和会紹介ムービー

「はじめまして そうです!
私たちが大和会新人ナースです」

2020年度新入職の新人看護師の研修風景の紹介です。
例年であれば、東大和病院は10日前後・武蔵村山病院では3週間という時間をかけて行う集合研修なのですが、2020年度は5日間に短縮して実施しました。

「大和会を知ってください」

大和会・東大和病院・武蔵村山病院の特徴を知っていただくための内容になっています。

「ようこそ大和会へ!」

東大和病院看護部と武蔵村山病院看護部より、それぞれの看護部の特徴と新人看護師さんに向けたメッセージをお送りしています。

「看護部長からのメッセージ」

急性期中心の東大和病院と小児科や産科があり回復期リハビリ病棟、療養病棟を併せ持つ武蔵村山病院の簡単な紹介を、それぞれの看護部長がメッセージとして伝えています。

  • 私たちの魅力

    みんなで支えるが溢れる職場、働き続けられる制度と環境がここにはあります。

  • 職場紹介

    ライフスタイルにあわせて、さまざまな看護や働き方を経験することができます。

CONTACT

お互いが助け合い、高めあう良好な人間関係と共に、
自分を育てることができる職場で一緒に働きませんか?